2018年9月

子供マインド

パート主婦から繁盛サロンを作った時のマインドセット

久田見祥子です。 私は結婚と同時に会社を辞め、その後二人の子供に恵まれ、専業主婦になりました。 平日のほとんどは近所のママ友とお茶したり、ランチをすることが楽しみののんびりとした生活。 パソコンはもってのほか、計算もままならないくらい、漢字もかなり忘れちゃうほど脳を使っていませんでした(笑) それから、訳あって過酷なパート勤務をスタートし、お金も時間も無い無いだらけのエステサロン開業。 そんな、私がエステサロンを開業し、半年で月収100万円達成。 1年後、駅前に店舗を構え、会社を設立。 開業コンサルタントやエステスクール校長、起業コーチングとビジネスを展開していきましたが、パート主婦から抜け出して自分のビジネスで成果を出せるようになったのはスキルやノウハウの情報よりも、どちらかと言うとマインドセットの変化が大きかったのではないかと思います。 私は、もともと自分の事を人に話すことが苦手で、心の中にある思いは人に相談できないタイプでした。 そのため、誰かに自分の弱みや、足りないところを指摘されるのを恐れていました。 それでなくても、経験不足やスキルの無さから自信が無いので、本当の事を直視するのが怖かったのかもしれません。 誰かをメンターにするとか、師匠とするとか一人の人の事をまっすぐに素直に受け止めるのはすごいことだなぁ~と、ちょっと羨ましく思っていました。 そんな私が、最初に開業をはじめた時に出会った師匠は人ではなく、たった1冊の本です。 書店でたまたま見つけた本で、その本はエステサロンの本ではなく「時間の使い方」の本でした。 当時子供が小さかったので私の課題はこの時間の使い方だ!と思いました。 開業して半年で月収100万円を達成した時はこの1冊の本にかかれている時間術にしたがっただけです。 この時は成功スキルやノウハウがあることなんて全く知らない完全なる情報弱者でした。 インターネットはもちろんの事、SNSも使ったことが無いほどネット音痴。 北海道から移住して、同じような職業の知人などは誰一人いませんでしたのでエステサロン開業がどんなものかもよくわかっていませんでした。 そのため、自分が思いつくままに手探りで動き、かなりの時間を費やしました。 今思うと、一人ぼっち開業だからこそ、必死でしたし、人一倍時間を費やすことになっていたのだとは思います。 今は、フェイスブックやインターネット、セミナーやスクールなどノウハウや情報が溢れています。 そこにアンテナを向けることは必要ですが、あちこちの情報に振り回され、いざ自分が何をしていいのか分からないという情報化社会でもあります。 情報が多すぎて、何が正しいのかさえも分からない。 誰を信じればいいか分からない。 こうなると、私のように情報弱者のひとりぼっち開業がイイのでは?と思いたくなりますが、私が言うのも何ですが、これは極めて危険です。 習ったことのない事をイチから自己流で学ぶ。 これには、壮大な時間と労力がかかることは言うまでもありません。 もちろん、答えが正しいか正しくないかもわからないで事を進めていくのですから、ギャンブルのようなものです。 私が、自己流開業で月収100万円を達成した時は、運がよかったのだと思っています。 なぜなら、実際に私がこれまで本当に多くの人を見てきて思っているのは「「自己流」をやろうとする人は成果を出せていない」からです。 そしてもう一つは、情報に流され続けている人も成果を出せません。 わたしも、もし開業時にインターネットが大好きで多い情報に流され続けていたら今はなかったと思っています。 「このスクールよりもこっちが安く習得できるかな?!」 「このやり方よりももっと成果が出せる気がする」 と浮気しまくっていたのではないかと思います。 ビジネスはカンニングし放題? ビジネスは、学生の頃のテストと違ってカンニングし放題です。 成功している人のやり方をどんどん真似すればイイと思っています。 しかし、ここで気をつけなければならないのは一点集中することです。 あの技術も良さそう・・・ あのスクールもイイかも・・・ あっちも覗いてみよう・・・ こっちもやってみよう・・・ このように、情報ジプシーでいるようではエステサロン起業は成功しません。 なぜなら、全て間違いでは無いからです。 あれも、これも・・・と手当たりしだい「良さそう・・・」と手を出してしまう。 そして、結果的に成果が出ない人を沢山見てきましたし、私自身も経験していますから。 1つやることを決めたら、他の情報をシャットアウトして、見ないようにするのも大事です。 1人の人から学び1つの事を一点集中で突き詰めてみてください。 そうすれば必ず結果は出ます! 二兎追うものは一頭も得ず PS でも、だからといって「私の話だけを聞いて学びなさい」という指導スタンスで行くべきかは私もいつも悩みます。 学びは自由です^^…

ブログ

エステサロン起業の3つの起業とは?あなたは何起業ですか?

エステサロン起業において、働き方が3つあることをお話します。 エステ起業の3つの働き方 それは次の3つ。 ・ライスワーク起業(ご飯) ・ライクワーク起業(好き) ・ライフワーク起業(人生) ライスワーク起業(ご飯仕事)って? ライス。そのままです。ご飯仕事。 ご飯を食べるために起業する事です。 生活のために、必要なお金を稼ぎます。 特に、家族を養っている方はこのライスワークをせざるおえない方も。 サラリーマンが満員電車に揺られ、上司に文句を言われ、部下には軽くあしらわれながらも毎日会社に行く。 これは、生活の為ですよね。 本当は、もっと自分が好きなこと。 生きがい、やりがいを仕事にしたい。 やりたいことで起業したい。 そう思い起業を考える方も多いと思います。 とは言え、ライスワークを頼りにしている家族としては心配になりますよね。 このライスワーク起業を考えている方は、特に入念に準備してからエステサロン起業にトライして欲しいです。 また、ライスワーク起業をすると決めたら「絶対にしっかり稼ぐ」と決めましょう!   ライクワーク起業(好き仕事)って? ライク=Like、つまり好きなことを仕事にする事。 これが実現できたら素晴らしいですよね。 毎日好きなことをやっていて、それがお金になる。 最高ではないでしょうか。 好きなことでお金になれば・・・の話ですが、中にはビジネス構築が甘く自己流にエステサロン起業してしまい継続出来ないこともあります。 好きなことなので、自分は自信がありますし、好きなのでどんどん走り出してしまえます。 しかし、客観視しにくいのも好きな事ならでは。 これは、エステサロンで働いた経験がある人に多く見られます。 努めていた時に、実績を残してきた方。 技術は身についているので、お客様に喜んでいただける自信がある方。 エステティシャン経験の長い方がこのLikeワーク起業としてエステサロン起業を選ぶことが多いです。 「好きこそものの上手なれ」とありますが、「好きなこと」と「経営」は別物です。 その好きなことを活かせるようにサロン経営、エステサロン起業を学びましょう。 ライフワーク起業(人生仕事)って? 自分の人生を自分で構築する仕事。 ただ好きだけではなく、そこにビジョンやミッション(使命)がある仕事です。 この為に、起業したい!これを生涯の仕事にし、社会に貢献したい!と言える仕事がライフワークです。 社会貢献というと、すこし大げさに聞こえますが、大げさくらい起業ビジョンは大きくもって良いです! 人生100年時代と言われている時代 今あなたが50歳だとすると、あと20年、30年はバリバリ働くことが出来ます。 だとしたら、せっかくの人生、自分の経験やスキル、才能を最大限に活かして「これが私の(俺の)仕事だ!」と胸を張って生きてい生きたいものです。 人生経験は、エステサロンオーナーとしての最大の武器です。 技術だけではなく、サロンオーナーの人生そのものがお仕事になります。 エステサロン起業、開業をするからには、ぜひライフワーク起業を!